【転職活動】派遣社員のリット・デメリットとは?

転職活動中のみなさん、最近では派遣社員も幅広く募集され時給もなかなか高いので非常に魅力的かと思います。

たまたまやりたい仕事が派遣社員で募集している、なんてこともあるでしょう。そこで、今回は働くには正社員がよいのか、それとも派遣社員がよいのか、派遣社員のメリット、デメリットについてお伝えしたいと思います。

派遣社員のメリット

①仕事が見つかりやすい

派遣社員は、正社員の仕事よりも断然見つけやすく、面接の回数も少なめですぐに雇用が決まることが多いです。仕事も、これまでの経験を活かせる職種などもきっちり選ぶことができるので、希望職種に就くことが可能です。

②時給が高い

派遣社員は、年々時給が上がっています。残業代もしっかりと確保されるので、忙しい職場であればあるほど給与は上がっていきます、働いた時間分、きっちりと明確に稼ぐことができるので、賞与などはありませんが場合によっては正社員よりも給与が高いなんてこともあります。

とにかく高い給与が条件の人は、自分の経験、スキルを最大限に活かしてたくさん稼ぐことができます。語学に長けている人や、専門的なスキルを持っている人は、かなり高い時給を見込めます。

③残業が少ない

派遣社員は、正社員に比べ比較的仕事が少なく残業も少なめです。スキルアップのために学校へ通ったり、趣味やプライベートをもっと充実させたいのであれば、派遣社員はぴったりの雇用形態です。

④大手企業での就業が可能

派遣社員であれば、正社員では人気が高く競争率が高い大手企業や人気企業などで働くチャンスがあります。

派遣社員のデメリット

①契約期間がある(雇用が安定していない)

正社員のように、長い間働くことができる保証がありません。だいたい、3ヶ月を契約期間とし、以降3ヶ月毎契約を更新されていきます。

会社で雇用の見直しなどが行われた場合、真っ先に契約を解除されてしまいやすいのが派遣社員になります。そのため、一カ所で長く働くということは難しいかもしれません。

②交通費がでない

時給が高い分、派遣社員は交通費が時給に含まれています。通勤のための交通費は支給されないので、派遣先もなるべく交通費がかからない場所を探さないといくら時給が高くても交通費で経費がかかってしまう場合があります。

③重要な仕事がでいない

派遣社員は、正社員のアシスタントなど比較的責任の重い仕事を任せてもらえません。そのため、バリバリ働きたい!と意欲が高い人には少々物足りなさを感じることもあります。

しかし、資格や仕事以外で充実させるものがあるのであれば、非常に時間をコントロールしやすい雇用形態です。

④月々の給与に幅がでる

固定給ではなく働いた時間に対して給与がでるため、休みの日や祝日などが多い月は出勤日数も減ってしまい、その分給与額がさがります。

極端に給与額の幅を感じるのは、ゴールデンウィークの4月や年末年始の12月、1月です。他の月で調整したり、ある程度平均的に給与がもらえるよう自分なりに工夫が必要です。

正社員から派遣社員へ、働き方で意識すべきこと – 求人&転職 – Goo

まとめ

派遣社員のメリット、デメリットいかがでしたでしょうか。たくさんのメリットがある分、やはりデメリットもなかなか悩む内容かと思います。

しかし、転職活動がなかなかうまく行かない時など、「つなぎ」のつもりで派遣社員になることも検討できます。自分の条件にぴったりあった仕事を探しましょう。

Category: 転職

0歳児がいるが、転職をしたい場合どうするか

子供が小さいうちは、特に乳幼児の場合、どうしても女性に子育ての負担がかかる部分があると思います。そのような環境で転職をしたい場合、どうしたらよいかを考えてみましょう。

1.乳幼児がいても仕事がしやすいのはどの様な仕事か?

一番、悩ましいのは、保育園問題です。やっとの思いで競争率が高い保育園に入る事が出来ても、お迎えの問題があります。

残業がほぼ、できないという事を考えると、子供が小さいうちは、契約社員や派遣社員で働くというのも1つの手です。

正社員だと、どうしても残業をせざるえない状況が出てきますが、契約社員や派遣社員の場合、「保育園のお迎えがありますの」と言って、正社員に仕事を引き継いで帰る、という事が比較的やりやすいです。

又、営業のようにお客様対応がある仕事よりも、社内でやる仕事の方が子育てをしやすいです。

接客がある場合は、どうしてもお客様の都合に合わせなければいけない事がありますが、社内でやる仕事は、融通をきかせて自分のスケジュールで作業できる事が多いのです。

又、技術的な仕事(IT関連、プログラマーなど)の方が、自分のペースで仕事をしたり、自宅で作業ができたり、というメリットがあるような気がします。

2.会社の規模は大きい方が子育てはしやすい

大規模な会社というのは、福利厚生が整っており、時短などの制度も充実しています。又、人数の多い会社の方が、実際に福利厚生の制度を使いやすいのです。

あなたが、時短で早く帰らなければいけないが、今日中に終わらせなければいけない仕事がある。その場合、社員が5人の会社の場合、5人であなたの穴を埋めなければいけません。

しかし、社員が500人位いる会社なら、社内のどこかから手が空いている人を見つけてきて、代わりに作業をしてもらえるので、他の人の負担が軽くなります。

現在、政府の指導で、女性のための社内制度を整えている会社が増えています。しかし、制度が整っている事、と実際に使える事は、別問題である事が多いです。

回りに気を使って、制度を使えない場合があるのです。その点、大規模な会社の場合は、周りへの負担が少ないため、時短などの制度が使いやすくなります。

3.0歳児がいても雇ってもらうには

やはり、乳幼児がいると、会社は雇用する事に二の足を踏みます。そのため、長期亭な視野であなたの可能性を説明するようにしましょう。

自分が、短時間で効率よく仕事ができる人間である事、また、学習能力があり将来的に、会社に貢献できる人間である事、定年までその会社で働く意思のある事、を面接で説明をしましょう。

「時短勤務中だけど転職できる?」 – 女の転職@Type

回りへの気遣いをしつつ、効率よく結果を出しましょう

どうしても、子供の事で周りの人に負担をかけてしまう事は避けられません。そのため、「私は乳幼児がいるので、早く帰って当然」という態度はとらずに、「いつも支えてくれてありがとうございます」という感謝を忘れないようにしましょう。

又、お給料をもらっている以上、仕事の成果を出す必要があります。勤務時間内は、仕事に集中し、勤務時間が短くても、成果を出すようにしましょう。

Category: 転職

転職をして経理の仕事に就きたい

経理の仕事というのは、どの会社でも必ず発生する仕事で、いわば「喰いっぱぐれのない」仕事です。安定した職種で、特に女性に人気があります。

未経験の人がこの職種に就くにはどうしたら良いか?について説明をします。

1.未経験の人が経理の仕事につくにはどうしたら良いか?

まず、簿記の勉強は必須でしょう。日商簿記は自己学習で取得できますので、日商簿記の2級くらいまでは、転職活動を始める前にとっておきたいものです。

外資系企業の経理ですと、英語ができると海外支店とのやり取りができるため、TOEICか英検を取っておくと、採用される確率が高くなります。

又、小規模の会社ですと、経理と総務が分離されていない事があります。そのため、社会保険の勉強をして、社会保険労務士の資格を持っていたりすると、需要が高くなります。

20代がキャリアチェンジ転職で失敗しないための5つのルール

2.パソコンのスキルは必須です

経理の仕事ではパソコンのスキルも必須です。現代では、紙の伝票を作成して、帳簿をつけている企業というのは、めったにありません。

ほとんどの企業が、何らかの会計システムにデータを入れ、そこから財務諸表を出したり、税務申告用のデータを出したりしています。

そのため、その会計システムを使いこなせないと、仕事にならないのです。又、経理というのは数字を扱う仕事であるため、Excelで集計したデータをシステムに入れたり、又はシステムからダウンロードしたデータをExcelで加工したり、という作業が発生します。

経理というと、すぐに日商簿記、と考える人が大多数ですが、MOS等の資格を取っておき、パソコンのスキルを証明するのも、転職に有利になります。

3.現在、経理の仕事は進化している

現代では、経理の仕事は単に伝票を入れるだけにとどまりません。会計システムの進化により、経理の仕事からは、単純作業が減り、より経営に積極的にかかわるような仕事が増えています。

たとえば、IFRS(International Financial Reporting Standard)の対応で、会計業務全体の改善を経理の人が担当する、等です。

管理会計も重視され、各商品の利益率の変化を分析したり、実績と予算を比較して乖離の原因を分析したり、といった積極的に経営にかかわる仕事を経理の人が行う事もあります。

経理で行う仕事の幅が増えた事に伴い、経理の仕事で求めらるスキルも幅広くなっています。

又、最近は、会計関連の法律が変わるサイクルが早くなっているため、新しい基準にキャッチアップし続ける事も必要です

単に伝票を入れるだけでなく、経営に積極的にかかわれる仕事

経理というと、単に伝票を入力して、経費精算をするようなイメージがあるかもしれません。しかし、現代の経理の仕事はそれにとどまりません。

ある程度安定性があり、しかも、やる気次第では経営にかかわる仕事もできる、そんな魅力のある仕事ですので、選んで後悔ない仕事かと思います。

Category: 転職

転職をして大手の会社に就職したい

会社員として働くなら、やはり、大手の会社で働きたい、と希望する人は多いです。就職の状況が厳しいため、卒業後、やむをえず中小企業に就職したものの、やはり大手企業への転職を希望する人もいます。

確かに、大手の方が、仕事は安定していますし、福利厚生も充実しています。社内トレーニングでスキルを高める事も出来ます。

今回は、現在、中小企業で働いている人が、大手企業に転職するにはどうしたら良いか、について考えてみます。

1.転職エージェントを上手に使おう

大手の会社というのは、当然、人気があるため応募が殺到します。その中で、書類選考に通る際には、転職エージェントの推薦をもらった方が圧倒的に有利です。

大手企業では、人事の方は、送られてくる大量の履歴書の全てに目を通す事が出来ないため、信頼できるエージェントにフィルターをかけてもらい、そのフィルターに残った応募者のみ、面接をする、という採用をする事が多いのです。

又、エージェントは、会社に関する情報を持っていますので、非公開の求人情報を知っていたりしますし、面接の際のアドバイスをもらう事もできます。

次の転職先が、大手であるにしても、中小であるにしても、転職エージェントの方に相談をしてみて、自分のスキルの棚卸しをし、今後のキャリアについて相談をしてみるのも、自分の人生設計にプラスになり、良いでしょう。

2.なぜ、大手企業で働きたいのかを明確にする

転職で後悔しないために、なぜ自分がその企業で働きたいのか、を明確にする必要があります。ニュースを見ていれば分かるように、現代では大手有名企業でも、スキャンダルや不祥事で倒産/買収に追い込まれる可能性があります。

そのため、自分はその会社で何をして、どのような経歴を積み上げていくつもりなのか、という目標を明確にし、その会社で働いている間に何かをつかむ様にしましょう。

例えば、中小では難しい大きな案件に参加して、規模の大きい仕事ができる人間になる、上流の仕事ができるスキルをみにつける、海外赴任してGlobalな視野を養う、等です。単に「安定しているから」という理由で転職をすると、後で後悔をする可能性もあります。

3.人事は何を見ているか?

現在、中小企業に働いているからと言って、大手企業への転職が難しいという事はありません。優秀な人材であれば、企業というのは、高給を払ってでも、来てほしい、と思うものです。

面接でみられるのは、明確な応募意志があるか?これまで何をやって来てどのようなスキルをもっているか?今までの仕事を通して何を学んでいるか?うちの会社に来て戦力となる潜在力があるかどうか?などです。

要するに、中身さえあれば、大手への転職も可能なのです。現在、中小で働いていても、大手への転職は不可能ではない。

現代は、能力主義の社会です。実力があり、それを面接で証明する事ができれば、大手企業への転職は可能です。そのため、普段から自分のスキルを磨き、それを武器により良い環境へ転職にチャレンジしましょう。

あなたのキャリアアップを日経がお手伝い~日経の転職サイト

 

Category: 転職

転職のためのずる休みは必要悪!効率よく転職活動しよう

転職する際の就活の為や、職場環境が良くなくて辞める事にした場合に心が離れてしまってやる気がなくなってしまうなど、退職・転職にまつわるずる休みをしてしまうケースは割と多いです。

特に在職期間中に次を見つけたい場合、土日休みだと何かと都合が悪いものですから仕方がありません。転職のためのずる休みは果たしていけない事なのでしょうか?

1.去りゆく企業に義理もへったくれもない

転職活動の為にずる休みをしている人に、社会人のマナーがなっていないなどと上から目線で説教を垂れる人がいますが、社会人のマナーを身に着けているだけでは世の中を渡る力や人への印象を良くする力はあるかもしれませんが飯は食えません。

ある程度の根回し位は必要だと思われますが、今いる職場を辞めようと思った理由が資格取得や結婚などのポジティブ寄りの理由で無い場合、会社の環境などに問題がある事も多いでしょう。

会社は都合の良いように人を使っているのですから、義理や自分が辞めた後の事を考える必要はありません。働く側もある程度なら自分に都合の良いように行動したって罰は当たらないと言えるでしょう。

2.就活など次の事だけ考えて進む

人の皮膚ですら不必要になった細胞は垢となって剥がれ落ちていきます。それと同様に今不必要なのは辞める事が自分の中もしくは社内で決定している職場への過剰な配慮です。

もちろんヒンシュクを買わない程度に根回しをしておくに越した事はありませんが、それは最低限に留めておき、新たな就職先を見つけて速やかに移れるように行動するように心がけておきましょう。

在職中の就職活動は少々強引に休みを取らなければ面接に行けない事もしばしばあるからです。

転職の為にずる休みして少々良心が痛んだとしても、

・基本土日休みが多い一般企業では面接・就活の為に平日の休みが必要
・会社への義理立てよりも自分の転職が大事
・もう辞める会社で必要以上のやる気を見せる必要は無い

などと自分に言い聞かせて活動すると良いでしょう。

3.見た感じだけは謙虚にしておこう

いくら辞めると心に決めている職場であっても、会社在籍中につまらない思いをしないように、社内では謙虚にしておいた方が無難です。

誰が見てもやる気が無く、ダラダラサボっているようでは残りの日々が更につまらないことになってしまうかもしれません。

特に自分に何の実害も無かった人が休み中に仕事のフォローをしていてくれた場合には、しっかりお礼を言っておきましょう。

円満退職のDoとDon’t – 転職ならDODA(デューダ)

ずる休みはバランス良くやろう

集中して連続でずる休みをするとかなり目立ってしまい、お局様や上司などから不必要な嫌味・お咎めを受ける事もあります。

転職の為にずる休みする場合は間を空けるか、あらかじめ有給を取得しておくなど、バランスをとりつつ休むのが理想です。もちろん急な面接などの場合は突発休みが必要になる事もあります。

そんな時に備えて突発休みが続かないように密かに計算して休みを取るようにしましょう。

Category: 転職

失業手当・国保…転職の際の手続きって何をしたらいいの?

転職をする際の手続きって何をしたら良いのでしょうか?初めて転職をする際に、会社を辞める頃になると手続きについて戸惑いますよね。今回は会社を辞める前~転職先が決まった後に行う手続きについてまとめてみました。

1.会社の退職時は必要に応じて退職願・退職届を提出しよう

退職願や退職届は、大抵こちらが言い出さなくても人事や手続きをしてくれる人・上司などから提出してくださいと言われる事が多いでしょう。

退職願や退職届の書き方はインターネットなどで調べるとすぐに出てきますし、無地の便箋を買った際に例文が付いている物もありますからそれを参考に作成すると良いです。

会社が退職届の代わりとなる用紙を渡してくれる場合もありますから、会社のやり方に添って行動すれば大丈夫です。

会社を辞める際には年金手帳や雇用保険被保険者証などが返却されますから、大事にとっておきましょう。会社には離職票が必要である事をきちんと伝えておきます。

会社を退職した後にやる手続きとしては、

・離職票が届くのを待つ
・地元の役場で国民健康保険などの手続きをしに行く
・職安に離職票を持っていき、失業給付の手続きなどをする

…といった流れになります。

2.会社を退職してから行う手続きとは?

手続きを行うのは退職した会社から社会保険の資格喪失証明書・雇用保険の離職票などが届いてからとなります。この二つが届いたら、職安に身分証明書と印鑑・通帳・たて3cm×よこ2.5cmの証明写真・離職票を持って職安に行きます。

失業給付を受けるためには勤務期間などの条件もありますから、あらかじめそれを調べてから持っていくと良いでしょう。

当てはまらなかった場合で給付が受けられなかった場合でも時効はありますが合算の年数で次回雇用保険を受けられる可能性がありますので離職票はしっかりもらっておく事をおすすめします。

失業給付の条件に当てはまらなかった場合でも職安を利用する為の利用者登録のような事をする必要がありますので、求人を探しに行きがてら登録を行うと良いです。

無職期間に年金の免除申請などを行う事も可能です。次に地元の役場に行き、まずは国民健康保険加入の手続きを行います。

会社に所属していた時は社会保険に入っていましたが、既に退職している場合には役場で手続きをする必要があります。

社会保険の資格喪失証明書と印鑑・身分証明書を持って窓口に渡せばその場で手続きしてくれるでしょう。後は年金・国保の納付書が郵送されるのを待つだけとなります。

3.転職先が見つかってからの手続き

失業手当をもらっている場合にはハローワークに行き、窓口で報告して失業手当の給付ストップに関する手続きをする必要があります。

新しい会社に就職した場合には社会保険に入る手続きなどをしてもらうため、年金手帳と共に雇用保険被保険者証を会社に提出する必要があります。

こちらも会社を辞める時同様に事務員さんやその他の会社の人が提出してほしいと言ってくる場合が多いので成り行きに任せておくと良いでしょう。

難しそうに見えるが割と簡単

会社を退職してからは手続きをいくつかしなければならないため難しそうに感じてしまいますが、実際やってみるととても簡単な手続きばかりです。

職安では失業保険の手続きをする際に詳しく教えてくれますし、国保の加入も窓口に書類を提出したりするだけなので簡単です。いずれも必要な手続きなので、気軽にチャレンジしてみてください。

転職エージェントおすすめ比較ランキングを紹介します! – 転職×plus

ずるずるとした転職活動を防ぐ為の主なポイント

転職活動に成功するまでの期間は、人によって色々と異なります。早ければ、本当に速やかに転職活動に成功する事例もあるのです。

中には活動を開始してから、1ヶ月前後で転職に成功している事例もあります。その逆に、ずるずると長期化する事例があるのも確かです。それを防ぐ為には、やはり目標設定などが推奨されます。

1.漫然と活動をしてしまう

その活動を行う方々の中には、特に日程目標などを設定していない方々も見られるのです。日程目標とは、何月何日までに転職活動を成功させるかというスケジュールです。

それをきちんと立てている方も見られるのですが、中にはそれを全く立てずに、漫然とお仕事探しを探している方も見られます。そして後者のような方々は、やや長期化してしまう事が多いのです。

2.ずるずるしてしまう事による問題点

その活動が長期化するのは、全体的にあまり良い事はありません。例えば費用に関わる問題点が生じてきます。そもそもお仕事を探すとしても、色々なお金がかかるものなのですね。

面接会場までへの移動交通費なども必要ですし、履歴書に貼り付ける写真なども必要になるのです。それらの様々な費用は、かなり大きくなってしまう事もあります。

それと、ずるずると長期化してしまえば、気持ちが喪失してしまうリスクもあるのです。最初の内は頑張っていたものの、何回も不採用になってしまうので、だんだんと転職をする気が失せてしまう事例も見られます。どちらにしても、長期化するのはあまり良くありませんね。

3.まずは日程の目標設定をする

それを防ぐ為には、やはり前述のような日程目標が大切です。自分なりにスケジュールを決めておかないと、どうしても活動が漫然としたものになってしまいます。確かにスケジュールなどを立てるのは、ある程度の手間がかかるものです。

しかしスケジュール立てを手抜きして、上記のような問題点が生じるのも困るでしょう。後々の事を考えれば、やはりお仕事探しを決意した早期の段階で、スケジュールを組むのが望ましい訳です。

4.人材紹介会社も活用する

また一部の人材紹介会社では、そのスケジュールを組むことに関するサポートもあるのです。その会社ではお仕事を紹介してくれるだけでなく、転職に関わる様々なサービスを行っているのですが、スケジュール組みもその1つなのです。

ですので長期化を避けて、なるべく早くお仕事を決めたいと思うなら、人材紹介会社も有効活用するのが望ましいですね。紹介会社では面接の日時設定なども代行してくれるので、スケジュールも組みやすくなる傾向があります。

目標を立てて紹介会社も利用する

以上を踏まえますと、

・転職活動がずるずる長期化する事例もある
・長期化すると費用や気力などの問題点が生じる
・まずは日程目標を立てる
・人材紹介会社のサポートも受けるようにする

このような点が言えます。結局は目標を明確にするのが重要で、紹介会社がその手助けをしてくれる訳ですね。長期化をしてもあまり良い事はありませんので、紹介会社などは存分に活用して転職を進めると良いでしょう。

Category: 転職