【転職活動】派遣社員のリット・デメリットとは?

転職活動中のみなさん、最近では派遣社員も幅広く募集され時給もなかなか高いので非常に魅力的かと思います。

たまたまやりたい仕事が派遣社員で募集している、なんてこともあるでしょう。そこで、今回は働くには正社員がよいのか、それとも派遣社員がよいのか、派遣社員のメリット、デメリットについてお伝えしたいと思います。

派遣社員のメリット

①仕事が見つかりやすい

派遣社員は、正社員の仕事よりも断然見つけやすく、面接の回数も少なめですぐに雇用が決まることが多いです。仕事も、これまでの経験を活かせる職種などもきっちり選ぶことができるので、希望職種に就くことが可能です。

②時給が高い

派遣社員は、年々時給が上がっています。残業代もしっかりと確保されるので、忙しい職場であればあるほど給与は上がっていきます、働いた時間分、きっちりと明確に稼ぐことができるので、賞与などはありませんが場合によっては正社員よりも給与が高いなんてこともあります。

とにかく高い給与が条件の人は、自分の経験、スキルを最大限に活かしてたくさん稼ぐことができます。語学に長けている人や、専門的なスキルを持っている人は、かなり高い時給を見込めます。

③残業が少ない

派遣社員は、正社員に比べ比較的仕事が少なく残業も少なめです。スキルアップのために学校へ通ったり、趣味やプライベートをもっと充実させたいのであれば、派遣社員はぴったりの雇用形態です。

④大手企業での就業が可能

派遣社員であれば、正社員では人気が高く競争率が高い大手企業や人気企業などで働くチャンスがあります。

派遣社員のデメリット

①契約期間がある(雇用が安定していない)

正社員のように、長い間働くことができる保証がありません。だいたい、3ヶ月を契約期間とし、以降3ヶ月毎契約を更新されていきます。

会社で雇用の見直しなどが行われた場合、真っ先に契約を解除されてしまいやすいのが派遣社員になります。そのため、一カ所で長く働くということは難しいかもしれません。

②交通費がでない

時給が高い分、派遣社員は交通費が時給に含まれています。通勤のための交通費は支給されないので、派遣先もなるべく交通費がかからない場所を探さないといくら時給が高くても交通費で経費がかかってしまう場合があります。

③重要な仕事がでいない

派遣社員は、正社員のアシスタントなど比較的責任の重い仕事を任せてもらえません。そのため、バリバリ働きたい!と意欲が高い人には少々物足りなさを感じることもあります。

しかし、資格や仕事以外で充実させるものがあるのであれば、非常に時間をコントロールしやすい雇用形態です。

④月々の給与に幅がでる

固定給ではなく働いた時間に対して給与がでるため、休みの日や祝日などが多い月は出勤日数も減ってしまい、その分給与額がさがります。

極端に給与額の幅を感じるのは、ゴールデンウィークの4月や年末年始の12月、1月です。他の月で調整したり、ある程度平均的に給与がもらえるよう自分なりに工夫が必要です。

正社員から派遣社員へ、働き方で意識すべきこと – 求人&転職 – Goo

まとめ

派遣社員のメリット、デメリットいかがでしたでしょうか。たくさんのメリットがある分、やはりデメリットもなかなか悩む内容かと思います。

しかし、転職活動がなかなかうまく行かない時など、「つなぎ」のつもりで派遣社員になることも検討できます。自分の条件にぴったりあった仕事を探しましょう。

Category: 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です