転職のためのずる休みは必要悪!効率よく転職活動しよう

転職する際の就活の為や、職場環境が良くなくて辞める事にした場合に心が離れてしまってやる気がなくなってしまうなど、退職・転職にまつわるずる休みをしてしまうケースは割と多いです。

特に在職期間中に次を見つけたい場合、土日休みだと何かと都合が悪いものですから仕方がありません。転職のためのずる休みは果たしていけない事なのでしょうか?

1.去りゆく企業に義理もへったくれもない

転職活動の為にずる休みをしている人に、社会人のマナーがなっていないなどと上から目線で説教を垂れる人がいますが、社会人のマナーを身に着けているだけでは世の中を渡る力や人への印象を良くする力はあるかもしれませんが飯は食えません。

ある程度の根回し位は必要だと思われますが、今いる職場を辞めようと思った理由が資格取得や結婚などのポジティブ寄りの理由で無い場合、会社の環境などに問題がある事も多いでしょう。

会社は都合の良いように人を使っているのですから、義理や自分が辞めた後の事を考える必要はありません。働く側もある程度なら自分に都合の良いように行動したって罰は当たらないと言えるでしょう。

2.就活など次の事だけ考えて進む

人の皮膚ですら不必要になった細胞は垢となって剥がれ落ちていきます。それと同様に今不必要なのは辞める事が自分の中もしくは社内で決定している職場への過剰な配慮です。

もちろんヒンシュクを買わない程度に根回しをしておくに越した事はありませんが、それは最低限に留めておき、新たな就職先を見つけて速やかに移れるように行動するように心がけておきましょう。

在職中の就職活動は少々強引に休みを取らなければ面接に行けない事もしばしばあるからです。

転職の為にずる休みして少々良心が痛んだとしても、

・基本土日休みが多い一般企業では面接・就活の為に平日の休みが必要
・会社への義理立てよりも自分の転職が大事
・もう辞める会社で必要以上のやる気を見せる必要は無い

などと自分に言い聞かせて活動すると良いでしょう。

3.見た感じだけは謙虚にしておこう

いくら辞めると心に決めている職場であっても、会社在籍中につまらない思いをしないように、社内では謙虚にしておいた方が無難です。

誰が見てもやる気が無く、ダラダラサボっているようでは残りの日々が更につまらないことになってしまうかもしれません。

特に自分に何の実害も無かった人が休み中に仕事のフォローをしていてくれた場合には、しっかりお礼を言っておきましょう。

円満退職のDoとDon’t – 転職ならDODA(デューダ)

ずる休みはバランス良くやろう

集中して連続でずる休みをするとかなり目立ってしまい、お局様や上司などから不必要な嫌味・お咎めを受ける事もあります。

転職の為にずる休みする場合は間を空けるか、あらかじめ有給を取得しておくなど、バランスをとりつつ休むのが理想です。もちろん急な面接などの場合は突発休みが必要になる事もあります。

そんな時に備えて突発休みが続かないように密かに計算して休みを取るようにしましょう。

Category: 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です