転職をしたいのですが、50代でも雇ってくれるか

一般的に、転職をするのであれば、30代までが有利と言われています。しかし、現代の日本は経済的に不安定で、終身雇用は保証されていません。50代で、転職しなければいけなくなった場合、どのようにして仕事を探せばよいか、について考えてみます。

1.どのような職種であれば50代でも転職がしやすいか?

比較的、転職先を探しやすいのが、営業の仕事です。ものを売るスキル、お客様対応のスキル、は汎用的なため、50代でも比較的、仕事を探しやすいです。又、特殊な技術力や資格を持っていると、それで転職をできる事が多いです。

年齢が上がると、比較的、理系の専門的な分野がある人のほうが、転職に有利なようです。後は、若手を管理する仕事です。

年齢が上がると、だんだん、新しい事を覚える事が難しくなってきますが、今まで積み上げてきた人生の経験により、若者がついて来るような人格/人柄が身についていれば、管理職として、仕事を見つけられる可能性が高いです。

2.どのようにして面接で自分をアピールするか?

面接の際は、年齢が上でも、思考回路は柔軟で、新しい事を学ぶ意欲がある事をアピールする必要があります。新しい知識、と新しい人間関係の両方に対して柔軟である事を説明しましょう。

どちらかというと、ずっと1つの会社で同じ人間関係の中で仕事をしてきた人よりも、転職の経験があり、環境の変化に対応した経験のある人のほうが有利なようです。又、年齢が上がってからの転職は、キャリアダウン(以前より低いポジションでお給与も下がる)の場合があります。

自分が最低限、望む条件は何か、をあらかじめ決めてから、職探しをした法が良いかも知れません。また、求人の多い、業績の伸びている会社は、社員の平均年齢が低く、上司があなたよりも若い事もあります。

以前とは、違う環境で、違う立場で仕事をしなければいけないかもしれませんので、頭を切り替えて、新しい環境に柔軟に対応していく事が必要です。

3.どのようにして新しい仕事を探すか?

50代の転職は、中々、次の仕事が決まらない場合がありますが、根気よく、熱意をもって探しましょう。求人広告に40代まで、等の但書がついていても、「自分にはXXのスキルがあるため、この会社で働きたい。

入社したら○○をして、御社に貢献できる」等、熱意のあるコメントをつけて応募してみると、書類選考に通る可能性もあります。又、今までやっていた職種やポジションに固執しないようにしましょう。

職安の人やや転職エージェントのアドバイスに従って、面接を受けさせてくれる所は、行ってみる、というのも大事かと思います。実際に面接をして、説明を聞く事により、自分の新しい可能性が広がる場合もあります。

転職体験レポート50歳での転職

柔軟な思考で、前職での仕事にとらわれず

やはり、50代での転職は、若い人の転職に比べ、不利です。そのため選り好みをせずに、自分で選択肢の幅を広げ、柔軟な頭で、新しい仕事を探しましょう。

Category: 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です