転職をして大手の会社に就職したい

会社員として働くなら、やはり、大手の会社で働きたい、と希望する人は多いです。就職の状況が厳しいため、卒業後、やむをえず中小企業に就職したものの、やはり大手企業への転職を希望する人もいます。

確かに、大手の方が、仕事は安定していますし、福利厚生も充実しています。社内トレーニングでスキルを高める事も出来ます。

今回は、現在、中小企業で働いている人が、大手企業に転職するにはどうしたら良いか、について考えてみます。

1.転職エージェントを上手に使おう

大手の会社というのは、当然、人気があるため応募が殺到します。その中で、書類選考に通る際には、転職エージェントの推薦をもらった方が圧倒的に有利です。

大手企業では、人事の方は、送られてくる大量の履歴書の全てに目を通す事が出来ないため、信頼できるエージェントにフィルターをかけてもらい、そのフィルターに残った応募者のみ、面接をする、という採用をする事が多いのです。

又、エージェントは、会社に関する情報を持っていますので、非公開の求人情報を知っていたりしますし、面接の際のアドバイスをもらう事もできます。

次の転職先が、大手であるにしても、中小であるにしても、転職エージェントの方に相談をしてみて、自分のスキルの棚卸しをし、今後のキャリアについて相談をしてみるのも、自分の人生設計にプラスになり、良いでしょう。

2.なぜ、大手企業で働きたいのかを明確にする

転職で後悔しないために、なぜ自分がその企業で働きたいのか、を明確にする必要があります。ニュースを見ていれば分かるように、現代では大手有名企業でも、スキャンダルや不祥事で倒産/買収に追い込まれる可能性があります。

そのため、自分はその会社で何をして、どのような経歴を積み上げていくつもりなのか、という目標を明確にし、その会社で働いている間に何かをつかむ様にしましょう。

例えば、中小では難しい大きな案件に参加して、規模の大きい仕事ができる人間になる、上流の仕事ができるスキルをみにつける、海外赴任してGlobalな視野を養う、等です。単に「安定しているから」という理由で転職をすると、後で後悔をする可能性もあります。

3.人事は何を見ているか?

現在、中小企業に働いているからと言って、大手企業への転職が難しいという事はありません。優秀な人材であれば、企業というのは、高給を払ってでも、来てほしい、と思うものです。

面接でみられるのは、明確な応募意志があるか?これまで何をやって来てどのようなスキルをもっているか?今までの仕事を通して何を学んでいるか?うちの会社に来て戦力となる潜在力があるかどうか?などです。

要するに、中身さえあれば、大手への転職も可能なのです。現在、中小で働いていても、大手への転職は不可能ではない。

現代は、能力主義の社会です。実力があり、それを面接で証明する事ができれば、大手企業への転職は可能です。そのため、普段から自分のスキルを磨き、それを武器により良い環境へ転職にチャレンジしましょう。

あなたのキャリアアップを日経がお手伝い~日経の転職サイト

 

Category: 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です