0歳児がいるが、転職をしたい場合どうするか

子供が小さいうちは、特に乳幼児の場合、どうしても女性に子育ての負担がかかる部分があると思います。そのような環境で転職をしたい場合、どうしたらよいかを考えてみましょう。

1.乳幼児がいても仕事がしやすいのはどの様な仕事か?

一番、悩ましいのは、保育園問題です。やっとの思いで競争率が高い保育園に入る事が出来ても、お迎えの問題があります。

残業がほぼ、できないという事を考えると、子供が小さいうちは、契約社員や派遣社員で働くというのも1つの手です。

正社員だと、どうしても残業をせざるえない状況が出てきますが、契約社員や派遣社員の場合、「保育園のお迎えがありますの」と言って、正社員に仕事を引き継いで帰る、という事が比較的やりやすいです。

又、営業のようにお客様対応がある仕事よりも、社内でやる仕事の方が子育てをしやすいです。

接客がある場合は、どうしてもお客様の都合に合わせなければいけない事がありますが、社内でやる仕事は、融通をきかせて自分のスケジュールで作業できる事が多いのです。

又、技術的な仕事(IT関連、プログラマーなど)の方が、自分のペースで仕事をしたり、自宅で作業ができたり、というメリットがあるような気がします。

2.会社の規模は大きい方が子育てはしやすい

大規模な会社というのは、福利厚生が整っており、時短などの制度も充実しています。又、人数の多い会社の方が、実際に福利厚生の制度を使いやすいのです。

あなたが、時短で早く帰らなければいけないが、今日中に終わらせなければいけない仕事がある。その場合、社員が5人の会社の場合、5人であなたの穴を埋めなければいけません。

しかし、社員が500人位いる会社なら、社内のどこかから手が空いている人を見つけてきて、代わりに作業をしてもらえるので、他の人の負担が軽くなります。

現在、政府の指導で、女性のための社内制度を整えている会社が増えています。しかし、制度が整っている事、と実際に使える事は、別問題である事が多いです。

回りに気を使って、制度を使えない場合があるのです。その点、大規模な会社の場合は、周りへの負担が少ないため、時短などの制度が使いやすくなります。

3.0歳児がいても雇ってもらうには

やはり、乳幼児がいると、会社は雇用する事に二の足を踏みます。そのため、長期亭な視野であなたの可能性を説明するようにしましょう。

自分が、短時間で効率よく仕事ができる人間である事、また、学習能力があり将来的に、会社に貢献できる人間である事、定年までその会社で働く意思のある事、を面接で説明をしましょう。

「時短勤務中だけど転職できる?」 – 女の転職@Type

回りへの気遣いをしつつ、効率よく結果を出しましょう

どうしても、子供の事で周りの人に負担をかけてしまう事は避けられません。そのため、「私は乳幼児がいるので、早く帰って当然」という態度はとらずに、「いつも支えてくれてありがとうございます」という感謝を忘れないようにしましょう。

又、お給料をもらっている以上、仕事の成果を出す必要があります。勤務時間内は、仕事に集中し、勤務時間が短くても、成果を出すようにしましょう。

Category: 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です